CATEGORY 今週のひとこと番:大島智衣

今日のひとこと

大好きな映画

横浜を舞台にした連作ショートフィルム「Life works」は、利重剛監督と、映画『ヨコハマメリー』『禅と骨』の中村高寬監督が、2014年に企画製作をスタートさせた、“普通に生きる人々の〈心のひだ〉や〈些細な感情〉を丁寧に見つめて描く”短編映画シリーズで、これまでに18作撮られています。私はこの8作目『花の名前』で脚本デビューしました。いつも書いているエッセイから派生したような、毎朝すれ違う男の子にひと目惚れした女の子のストーリーで、監督は利重さん、優恵さんに出演いただき、音楽は登茂子さん。シリーズ全作品もモチロンのこと、大好きでしかない映画です。

今日のひとこと

子役が好きな映画

子役に目がないというわけではないのだけれど、ホントに可愛くて仕方なかったのが韓国映画『加速スキャンダル』のワン・ソクヒョン君。あどけないお爺ちゃん(?)みたいな風貌でいじらしいったらない。この作品、主演は『猟奇的な彼女』のチャ・テヒョン。監督・脚本は、最近大ヒットし日本でも間もなく大根仁監督によるリメイク版も公開される『サニー 永遠の仲間たち』のカン・ヒョンチョル監督。ストーリーも良いので是非ぜひのオススメ。

今日のひとこと

サントラが好きな映画

初めて映画のサウンドトラックCDを買ったのは、ビョークの『ダンサー・イン・ザ・ダーク』を観たその足で。20世紀フォックス初製作のアニメ映画『アナスタシア』もよく聴いた。最近では『アナと雪の女王』の ♪Let it go (松たか子ver.)も。それでもやっぱり、サラ・マクラクランが切なく歌い上げる『トイ・ストーリー2』の ♪When She Loved Me がいちばん好きかなぁ。

今日のひとこと

キャストが好きな映画

歌舞伎町の映画館でアルバイトをしていた大学生の頃、スティーブン・ソダーバーグ監督の『トラフィック』を観てラストの何でもないシーンの何でもないベニシオ・デル・トロに完全にオチました。野球場のベンチで試合を見ながらただ手を叩いているだけのデル・トロだったけれど、本当は“何でもない”わけでも、“ただ”手を叩いている“だけ”でもないんですよね。作り手・演じ手・観る側のいろんなことが重なって、あんなにもうっとりするなんて。

今日のひとこと

脚本が好きな映画

いくつもの台詞に心酔させられた渡辺あやさん脚本の『メゾン・ド・ヒミコ』。そのDVDに特別収蔵されている彼女脚本・監督の短編映画『懲戒免職』が本当に本当に好きで、観ながら脚本を書き起こしたほど。いつかどこかで読んだ渡辺さんの「愛を触媒に、生と性と死は、喜びにも苦しみにも変化する。映画が映すのは、そのグラデーションの詳細です」という言葉を思い出しては、私もそうしたものを書けたら、と唇を結びます。