大好きな映画

大島智衣

2018年5月27日(日) 横浜を舞台にした連作ショートフィルム「Life works」は、利重剛監督と、映画『ヨコハマメリー』『禅と骨』の中村高寬監督が、2014年に企画製作をスタートさせた、“普通に生きる人々の〈心のひだ〉や〈些細な感情〉を丁寧に見つめて描く”短編映画シリーズで、これまでに18作撮られています。私はこの8作目『花の名前』で脚本デビューしました。いつも書いているエッセイから派生したような、毎朝すれ違う男の子にひと目惚れした女の子のストーリーで、監督は利重さん、優恵さんに出演いただき、音楽は登茂子さん。シリーズ全作品もモチロンのこと、大好きでしかない映画です。

LINEで送る
Pocket









PROFILEプロフィール

大島 智衣

エッセイスト・脚本家/おもに恋と’じーん’について ✐エッセイ『男子発言ノート』『好きにならずにいられてよかった』他 ✐脚本協力『獣道』内田英治監督 ✐脚本『花の名前』利重剛監督、BOYS AND MEN『キスのカタチ』/放課後の再放送ドラマ育ち。実家暮らし独身。おいしそうに食べます。