春はたけのこ、穂先のメンマ

大島智衣

2018年4月16日(月) たけのこが旬ですね。「桃屋の穂先メンマ やわらぎ」って食べたことありますか? ご飯がススむのススまないのって! 下手したら一気にひと瓶ペロリといっちゃいそう。でも、300円くらいするのでそこはなんとかセーブ(笑)。約2倍の大きさの「お徳用」瓶を発見したときの幸福トキメキ膨満感は、“ぐりとぐらのかすてら”以来といっても。最後は必ず、ひと口分の白米を投入してかき混ぜて、余すところなく食べ切ります。

LINEで送る
Pocket









PROFILEプロフィール

大島 智衣

エッセイスト・脚本家/おもに恋と’じーん’について ✐エッセイ『男子発言ノート』『好きにならずにいられてよかった』他 ✐脚本協力『獣道』内田英治監督 ✐脚本『花の名前』利重剛監督、BOYS AND MEN『キスのカタチ』/放課後の再放送ドラマ育ち。実家暮らし独身。おいしそうに食べます。