2019年正月。

あぁ、また新しい一年が始まった。
亥年。
イノシシのようにあっという間に過ぎてしまうのか、
それとも、イノシシのようにがむしゃらに進めば良いのか。
がむしゃらは苦手だ。

母と年賀状を書く。
正月にしか使わない器を出す。
金魚の皿、松の小皿、塗りのお椀、鶴の箸置き。

葉付きの伊木みかんを頂いた。
これはめっぽう甘い。
スーパーで買うみかんなど比ではないほど旨い。

奥出雲のとんばらの丸餅も頂いた。
柔らかくて良く伸びて旨い。
家の人たちはお餅が好きなのでお雑煮に3つも入れる。
わたしはひとつで充分。
数の子も頂いた。
なんだか幸せだ。

正月の花は好んで菊を選ぶことが多い。

良く晴れた昼下がりに氏神様へ初詣をする。
昨年のお礼を述べ、今年も頑張る旨を伝え、家族の健康をお頼みする。
元気であれば笑っていられると思う。

お詣りの帰りにスーパーに寄り、母にまたお餅を買う。
あとでお汁粉を作ろうと話しながら歩く。

本当はいつまでもぬくぬくと布団の中でごろごろうつらうつらしていたい。
けれど晴れた空を見ると、何かしたい、何処かへ行きたい、と楽しくなる。
正月って良いなぁ。
さて。

LINEで送る
Pocket