日々SNSにアップされる誰かの手作り弁当写真が目に入ると、性根に難ありの私はモヤっとする。「また弁当か!」とイラっとしさえする。なぜなのだろう?

そこへ天使のおーしま、ポッと現れて、

天使のおーしま いいじゃないの、お弁当。微笑ましいじゃない。誰かが一生懸命にこしらえたものだよ。素晴らしい以外に何があるの? それを、いくら性根がスポンジ(〈22〉性根がスポンジ・ラブより)だからって、ケチつけるんじゃあるまいよ。ホント、スポンジ根性! そりゃ、正直あんまり写真映りがよくないのも極たまにあるけど……(笑)。そこは写真の技術の差だから! それに、見た目よりも味でしょう? 冷めてもおいしく食べられる、とか、時間がたっても傷まない、とかの工夫と知恵が最重要視された愛情の結晶でしょうよ。

いつものおーしま そう。見た目云々のハナシではなさそうなのです。

天使のおーしま ほおらね。じゃぁ、何が問題なの。じぶんだって食いしん坊で、食べものの写真とかよくアップしてるじゃない。誰かがどっかで食べた何かとか、「おいしそ〜っ」てイイネ!するじゃない。それらと手作り弁当、何が違うの?

いつものおーしま 何が違う? ……何が?

天使のおーしま じゃ、松花堂弁当とかだったらいいの?

いつものおーしま !? ……いい!

天使のおーしま え、豪勢だから!?

いつものおーしま いや、そう! 松花堂弁当は、食べられるじゃない、私も。誰かがどっかのお店で食べたおいしそうなものも、私もそこへ行けば食べられるじゃない。お金を出して、買えば。でも! 誰かの手作り弁当は、それ、私食べられないじゃない。だからだよ!

天使のおーしま ……え?

いつものおーしま 誰かが私じゃない誰かのためにつくった、私が食べられない、手作り弁当なんて、私は見たくもないんだよう! ただの目に毒じゃん。馬がおあずけくらってるニンジンじゃん。食べられないのに……。私のじゃないのに……(涙)。

天使のおーしま なるほどね……。あれだね。「わ! メッチャいい感じのイケメンみっけ! 余白があって、夢見る色鉛筆でいっぱいいっぱい塗り塗りデキる、恋する女子にとっての恰好の“ぬり絵男子”やん! でも……え、ちょっと待ち。うっあああああー!!! 指輪しとる! 左手の薬指にガッチーン、指輪という名の錠前掛かっとるー! 撤収やーーー!」ってやつやんな?

いつものおーしま そう。イイネ!って思っても、絶対に手に入らない、もはや誰かのものになってる男の人。……誰かの手作り弁当は、誰かのカッコいい旦那さんを見せられてるのと同じなんだ。視界に入っても、目の前に居ないのと同じなの!

天使のおーしま なるほど、そらアカンわ!(シュッ)

そう言って、天使のおーしまは姿を消した。

いつものおーしまは、いつものように、イイネ!を押しかけた誰かの弁当写真をスッとスクロールした。
その顔は、ラグビーの五郎丸選手やディーン・フジオカが既に既婚者だと知ったときと同じ顔だった。

LINEで送る
Pocket







PROFILE執筆者プロフィール

大島智衣

エッセイスト・脚本家/おもに恋と'じーん'について ✐エッセイ『男子発言ノート』『好きにならずにいられてよかった』他 ✐脚本協力『獣道』内田英治監督 ✐脚本『花の名前』利重剛監督、BOYS AND MEN『キスのカタチ』/放課後の再放送ドラマ育ち。実家暮らし独身。おいしそうに食べます。