やさしさライセンスぅ −大島智衣の「oh! しまった!!」第7回




天童よしみ似の銀座のママのお店でアルバイトをしていた20代のある頃。

ほぼ同時期に入った年下のHちゃんは、群馬県は桐生市出身のきっぷの良い“からっ風”女子で、いわゆる元ヤンだった。
銀座の前は赤羽のお店で長い間働いていたらしく、年季の入った酒ヤケしたハスキーボイスで繰り広げるトークはキレッキレで、カラオケでEGO-WRAPPIN’の『くちばしにチェリー』を歌わせたら右に出る者はいなかった。元カレは服役中だった。

20代前半にして既に肝っ玉母さんのような風格があったHちゃんは、誰にでもやさしくて面倒見がよく、仕事もしっかりするし、「いつかはじぶんのお店を持ちたい!」とママに付きっきりで銀座の仕事を学ぼうとしていた。
私はそんな二人のアフターによく連れ立って、お寿司屋さんやカラオケスナックでただニコニコしていた。

Hちゃんはよく「やさしさライセンスぅ⤴⤴⤴」と口にした。

「おしぼり畳んどいたよ、Hちゃん!」
「おっとー、やさしさライセンスぅ⤴⤴⤴」

「Hちゃん、テーブル拭いといてくれたんだ? ありがとう!」
「いえいえ、やさしさライセンスぅ⤴⤴⤴」

“やさしさライセンス”

……謎であった。おどけるように、かなり尻上がりで勢い良く発せられるこのフレーズたちの意味が最初はわからなかった。
だが、たぶんそれらが「やさしさ」という名のライセンス(=免許)を付与するにふさわしいほど「やさしいね」「ありがとう」「どういたしまして」だねっ。という意味合いを表現するのにオールマイティーなフレーズである……ことに気づくのに、当時の私は少し時間を要した。

「やさしさ」という名のライセンスを、私はHちゃんから毎日毎日たくさん貰った。「やさしさライセンスぅ⤴⤴⤴」と言ってもらえると、そのノリには乗れないなぁ……と若干引きつつ、なんだか嬉しかった。

調べてみたら、「やさしさライセンス」という曲が存在することを今になって知った。CHARCOAL FILTERというバンドの楽曲で、なんともせつない歌詞とエモみ極まるメロディーライン。当時Hちゃんは、この曲を聴きながら塀の中の元カレの帰りを待っていたのかもしれない。

もうずっと、Hちゃんに会っていない。どこかでじぶんのお店を持って、ママになっているだろうか。EGO-WRAPPIN’、まだ歌っているだろうか。無性に聴きたい。

そんなことを、あの忘れられないフレーズとともに思い出しながら、街角で“やさしさライセンス”な風景を見つけると、日々写真におさめている。心の中で、あの頃はできなかったHちゃんのテンションで「やさしさライセンスぅ⤴⤴⤴」と唱えながら。

LINEで送る
Pocket







PROFILE執筆者プロフィール

大島智衣

エッセイスト・脚本家/おもに恋と'じーん'について ✐エッセイ『男子発言ノート』『好きにならずにいられてよかった』他 ✐脚本協力『獣道』内田英治監督 ✐脚本『花の名前』利重剛監督、BOYS AND MEN『キスのカタチ』/放課後の再放送ドラマ育ち。実家暮らし独身。おいしそうに食べます。