ト書きの一行から

演技をめぐる雑想ノート 3  先日、法廷のシーンがあって、弁護士の席から周りを見渡しながら、向かいの検事を始め、裁判官、被告、証人、被害者...

エンドロール

 いい映画を観た後のエンドロールは、至福の時間だと思う。  現実の光の中に出て行く前に、観た内容をもう一度噛みしめながら暗闇の中で余韻に...

演技と『内なる目』

「演技」をめぐる雑想ノート 1  ニコラス・ハンフリーという動物行動学者が書いた『内なる目 意識の進化論』という、すこぶる面白い本がある。...

幸田文さんの言葉

 幸田文さんといえば『流れる』や『おとうと』を代表作にあげる人が多いと思うけれど、くわえて『台所のおと』も、富岡多恵子『当世凡人伝』深沢七郎...

花の名前

 草花の名前を覚える能力に圧倒的に欠けている。  桜とかイチョウとかアジサイとかチューリップとかタンポポとか、誰もが知っているようなのは...

休日の散策

 アウトサイダーアートとかアール・ブリュットと呼ばれるアートが好きで、機会があると観に行く。作らずにはいられない内なる衝動に突き動かされて出...

あ、

 小さい頃に不思議だったことは、いまでもずっと不思議だ。  なんで、自分に“気持ち”があるのか。  なんで、“自分”と感じるのか。 ...

むさしこすぎい

 とてもピンポイントにローカルな話題で申し訳ないのだが、JR南武線の武蔵小杉駅のホームのアナウンスって、おかしく感じる人いませんか?  ...

毛。2

「先日、なんで年を取ると長い眉毛が2、3本生えてきたりするのかって話をしたじゃないですか」 と、僕の髪を切りながらウチダさんが言う。 ...